小説を書いて本を出したり、同人誌を作ったり、電子書籍を配信したりしてます。

小説家として、普段の生活の中で特に意識していることや心掛けていることってありますか?(たとえば、ネタになりそうなことに出会ったらメモしておく、映画などは構成を意識しながら観賞するようにしている、等…)
何となく、同じものを見たり体験したりするにしても、自分と小説家の先生とでは得る情報量が100倍くらい違うのではないかという気がしております💧

漠然とした質問ですみません💦
普段からこういうことを意識しておくと小説を書くのに役立つかもしれないぞ、ということがもしありましたら、教えていただけると嬉しいです!

2020/08/25 19:56

小説家として普段意識していることや心懸けてること…は、特にない気がする…。

日常に起きたことをそのまま小説にするタイプではないので、例えば誰かが言った面白いこととか目の前で起きたエピソードをメモ、みたいなことはやらないですし。
映画の構成を意識しながら観る、とかもやりません、勉強目的で観ても全然楽しめないので、純粋に客として楽しめそうなものを楽しむためにしか観ません。
私の場合はですが、映画にしろ読書にしろ、最初に自分の興味やときめきがないと、のめりこんで摂取できなくなってしまって勿体ないのです。

なので、もともと好きだったり興味のあること以外は追わないようにしている、というのが、強いて言えば心懸けていること…か…?

小説のネタのためにメモを取ることはないけど、興味あるから観たり読んだり調べていたものがやがて小説に生きることもあるので、ネタになるならないは置いといて、好きなものはどんどん摂取するようにしている。
おお、こう書いた方が前向きでいいな。

というわけで、「好きなものを無心でひたすら追う」が、心懸けていることです(まとめた)。
好きなものに触れてると免疫力もアップするし寿命は伸びるし、結果的にいっぱい小説書けるので、いいことずくめです。

と言い訳して、特に資料として役立つわけでもなさそうな6800円の本を今日も「いつか仕事で使うかもしれないから」と言い訳しながら注文するわけですね…。

その他の投稿
お好きなアニメや漫画などで、おすすめがあれば教えてください( ,,ÒωÓ,, )
ご無理なさらずお大事に、素敵な新刊をじっくりお待ちしております!
こんにちは。病院、お疲れ様です。
創作の趣味を充実させたいのですが、仕事が終わって帰ってくると、スマホでアプリゲームをポチポチやっているうちに転た寝してしまって、なんとなくシャワーを浴びて寝る、という虚無な平日の夜を過ごしてしまいます。かといって休日も半日以上布団の上で、溜まった家事をしていると1日が終わったりします。できればこの生活を変えたいです。
渡海先生の「小説を書く日」は、どんなスケジュールの1日になりますか?小説を書く以外にボリュームのある行事(仕事)がある日でも、小説を少しでも進めたりしますか?
こんにちは。

病院お疲れ様です💦

日ごろ運動しないので、体力不足を感じているのですが、何かオススメの運動はありますでしょうか?

前お話しされてたトランポリンはいかがなんでしょう?
お休み中に読んで一番おすすめしたい本は何ですか?漫画でも小説でも良いです。ネコちゃん達とは思う存分遊べましたか?w
渡海先生こんにちは。『レムレースの花嫁』が大大大好きで愛読しております。今後続編や番外編を書かれるご予定はありますでしょうか。。。(また、出版から数年経ってしまいましたがファンレターを受け取って頂くことはできますか…?)